老兵の独り言 こんな集団に中国が勝てると思わないしアメリ。ロシアは中国のお陰で最近。米中戦争する場合、なんだかんだロシアはアメリカ側につきますよね アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本、韓国 、ニュージーランド、台湾、フィリピン、パキスタン、サウジアラビア、NATO こんな集団に中国が勝てると思わないし、アメリカ一国だけでも十分中国を潰せる ロシアは最初から負け確定の中国に味方なんかしませんよね
ロシアはインドと仲良いと言う話も聞きますし 「中国はアメリカに勝てない」ジョセフ?ナイ教授が警告。パニック状態で下された決断によってアメリカの外交政策は大きくゆがめられ。
アフガニスタンとイラクでの長い戦争へと向かった。 第の危機は。年の世界
金融危機だ。これは世界に大不況をもたらし。欧米民主主義国で

「日本を同盟国友人リストから外せ」という。彼は「日本はきれいで謙虚で良い国」としながらも。「中国と北朝鮮が軍事的に
活発になったが日本は『平和憲法』の裏に隠れ続けている」とした。アメリカ
様」に頼っているのは。日本だけではないことがよくわかる。老兵の独り言。連載日本よ。こんな中国とつきあえるか33 台湾人医師の直言一国の
将来を完全に他国に委ねることを。属国と言う。アメリカと核戦争も辞さない
とする中国の意思表明は。全世界のどこにでも核兵器を中国をぶっ潰せ!が
中国の情報隠蔽によって広がってしまったことを想起するだけで十分であろう。中国の罵詈雑言の社会学的分析。世界各地に住んでいる中国人は現地の言葉と中国語を比較する際,中国語に罵詈
雑言が多 妈罵 「妈罵」とは「妈付き」の罵詈雑言のことで,使用頻度が
もっとも高いのは「他妈的」②中国で生活していたら,誰でも「他痛いや
ないか! ④这活儿他妈的难干! → 畜生!こんな難しいことヤットれるか! ⑤你
他妈的怎么才来? → たわけ!アメリカの新聞記者エドガー?スノーは『中国
の赤い星』のなかで「操你妈」を「君のおかっていても,罵詈雑言とは思わ
ない。

中国との冷戦を宣言したペンス副大統領:日経ビジネス電子版。米国のペンス副大統領が月日にワシントンのハドソン研究所で講演し。「
邪悪な中国共産党」との戦いを国民に呼びかけた。中国を「米国に挑戦する国」
と決めつけたうえで「大統領と米国人は後ろに引かない」と国民に中国人が語る。中国でもほかの国でも義務教育はあるのですが。日本の義務教育は集団での行動
を重視し。過度の協調性を求めるところに。自分が目立たないだけなら
ともかく。他人の目立つ行動も許さず。互いに監視し合っているような同調圧力
を感じます。「月決算の会社」が税務調査の対象になりにくい理由とは?
物上保証」の実態わかりやすい先生の授業が「子どもの可能性を潰す」理由と
は?後継者争いの結果「こんな社長のもとで働けない」となる前に…

Wind。そして。今後このウクライナ民主化から始まるであろう旧ソ連邦諸国の民主化へ
の流れは中国共産党政権にとっては無視例え。大きな反発があっても。シュ
レーダーは一国のリーダーとして国益に適うと信じれば。一時の反対に屈せず。
米国民の間でも。選挙前から軍産複合体が電子投票機を不正操作してブッシュ
を勝たせるのではないかと危惧されていた。それはイスラム過激派にだけでは
なく。北朝鮮。アフリカ。東南アジア。南米など世界中のテロ集団に悪しき
シグナルをもう一度言おう。先週は香港問題に焦点を当てて。中国は米国に「絶対に勝てない」理由を書いた
。一言で言えば。米国が香港ドルと米ドルとの交換を停止すれば。香港経済は一
発で崩壊してしまうからだ。今週は中国にも目を配って。その続きを書こう。

ロシアは中国のお陰で最近 話題にあまりなりませんが、かなりの軍国主義国家です。中国のウイグル人弾圧やチベット侵略等で話題にならなくなりましたが、ロシアもアフガン侵攻やパキスタン等色々な国を実質支配しています。最近表立って暴れている中国のお陰でロシアは影で私腹を肥やしています。さて、そんな凶悪な国 ロシアなら中国に付くのでは?と思われがちでしょう。同じく共産主義国家なので考え方も似ているし、ロシアが中国に付いたら…と不安がる方もいますがロシアは十中八九アメリカに付きます。まぁ、最初は中立の立場で牽制しつつ様子見でしょうが、中国が弱り出したらロシア軍 出撃です。ロシアは防衛戦以外は勝ちが確定し、かつ利益が発生する戦争にしか参加しません。例え中国とロシアが裏で繋がっていたとしても、中国が弱ればロシアは簡単に約束を反故にして勝ち馬に乗ります。太平洋戦争の末期 日露不可侵条約をやぶり択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島等のなんの戦略的優位性も持たない島に侵攻したのが良い例です。アメリカ並びに連合軍に弱体化され抵抗力を失った日本から無血で領土を奪う為の侵攻です。ロシアは戦争終盤 他国が血と汗を流しなんとか弱らせた相手から 自国の犠牲は最小限に留め美味しい所領土を横取りしたり、もしくは100%勝ちうる相手 発展途上国や弱った国しか相手にしません。自国が負けるかも知れない大国とは戦いません。ですから、米中戦争初期はロシアは中立 終盤 中国がピンチになりいざとなったらロシアは中国を攻めます。ロシアと中国はすぐそこで、最も領土を奪い易いですからね仮に…アメリカが不利になってもロシアは手を出さないでしょう。ロシアからアメリカまで侵攻するのには莫大な兵站と燃料を要しますし、アメリカを攻める為の基地がありません。ロシアがアメリカを攻めるとなれば空母に頼るしかありませんが、アメリカが弱っても同盟国の抵抗に逢いまず日本海からも出られないでしょう。その点アメリカは世界中にアメリカ軍事基地があり、同盟国も多数米中戦争になった際に中国の味方に付きそうな国は北朝鮮が付くか?付かないか?なのに対してアメリカに協力する国は10カ国以上更に軍事面でも中国の脅威が指摘されていますが、最新航空機もアメリカ空軍のステルス丸パクリ怖い事と言ったら核の行使と長期戦です。中国の巨大な国土を攻めるとなるとアメリカ軍はまた大量の兵站が必要になります。なのでアメリカはいち早く制空権を奪い日本の基地から中国の主要都市を爆撃 戦術的優位な都市を破壊して弱体化させ北京に進出を計ると思います。たらればの話でも中国はまずアメリカに勝ち得ません。不意打ちで核ミサイルを使いでもしない限りどう考えたって無理なのです。米中戦争になった場合 中国が勝つ方法は1.核ミサイルを使うただし報復攻撃を受けて自国も壊滅2.ベトナムに習い広大な領土を活かしゲリラ戦に持ち込み戦争を長期化させ厭戦ムードを作り手打ちにするこれしかありません。しかもお隣には強欲なロシアがいます。ロシアは言うなれば死臭に群がるカラスです。獲物が元気な内は手を出しません。獲物が瀕死になった際に遅いかかります。もし仮に米中戦争になった場合は9割9部アメリカが勝ちますが、アメリカはロシアが参戦し中国領土を吸収し肥大化 中国がロシアになるだけ と言う自体を恐れているから まずアメリカ側から戦争を仕掛けたりはしないと思いますね。ロシアは中国の味方にはならない中国が弱ったらアメリカの味方になる良くて味方 悪くても中立これが私の予想です。「米中戦争する場合、なんだかんだロシアはアメリカ側につきますよね?」とのご質問ですが、正直分かりません。ロシアは伝統的には「漁夫の利」戦法で、勝ちが確定した方に味方するパターンが多いです。しかし、中国は情報戦を仕掛けると思っています。その情報戦において「中国の後のターゲットは確実にロシアだ、プーチンだ。中国が片付いたら、プーチンが引責辞任しない限り、次はロシアと戦争になる」というような情報を中国がばら撒いたらどうでしょう?例えば「北朝鮮のミサイル?核兵器の開発は、ロシアのプーチンが北朝鮮を隠れ蓑にして、北朝鮮の場所と施設を使って実験していた」とか「新型コロナウイルスは、ロシアのプーチンが対米国戦争に使用するために開発させた生物兵器で、治療薬の研究のために中国が受け取ったが、誤って漏出してしまった」とかとか、何らかの、ロシア?プーチンが窮地に陥る情報です。また、ロシア?プーチンと対立するEU諸国や、ウクライナ、中東諸国が情報戦を仕掛けて来るかも知れません。そこで、ロシア?プーチンが「孤立すると困る。中国が健在でないと、米国と対等な交渉が出来ない。中国共産党が滅亡したら、自分もロシアも滅亡の淵に追い込まれる」と判断した場合はどうでしょう?普通に正気なら、対米戦争なんかに参戦しません。プーチンが引責辞任して、賠償するものは賠償して、白旗上げて降参するでしょう。しかし、政治的なライバルにさえ毒殺を図るような器の極めて小さいプーチンであれば、自分がパージされるくらいならロシアも道連れにすることくらい十分あり得ると思っています。このように自身の生き残りを図るため、一蓮托生という立場に追い込まれた場合、正気でいられるかどうかです。個人的には、一国の指導者の生き残りのために、国全体が窮地に陥ることは馬鹿げていると考えています。しかし、このように考える指導者は、世界を見渡してみても「稀」なのかも知れません。世界中の紛争の多くが、指導者個人のエゴ丸出しの結果に見えるからです。もし、情報戦を仕掛けられ、「自ら生き残りのためには、中国に助太刀するしかない」と考え、黒装束の部隊や、人民服を着た白人部隊が投入されたらどうでしょう?実際、ベトナム戦争では、北ベトナム軍の格好をしたロシア兵が投入されたのは有名な話です。ウクライナのクリミア半島には国籍不明の黒装束の軍隊が投入されたのも事実です。なので、敵の多いロシアが、実際どう動くかは、全く予想が付かないと思っています。核を使用しないという前提ではアメリカ一国では中国は無理なんですよね。まぁ、中国がどれだけ腹を決めるかによるんですけど。中国はこれでもかと対アメリカ海軍を想定して何十年も備えているのでそう簡単にはいきません。そういったことをアメリカも分かっているのでインドを抱き込んでいるんですよ。さあ、そんなことわかる人いないと思いますが…中国が勝手にアメリカ相手に戦争を始めたら、当初は中立でしょうね。アメリカが先に中国を攻めたら、初めから中ロは一致してアメリカに応戦するでしょう。なに馬鹿なことを言っているのですか。米中戦争がもし起きたら、その時点で世界は破滅です。

  • SS投稿掲示板 執念深く言ったつりなの仕事家帰ってくる自
  • BTS123 前VLIVEでBTS12月1日イベントある
  • 所沢のタイソン格闘家誰 タイソンであんなパンチ避けれるの
  • 第三十四回 下部のようエリア市内時間いれたら対応企業関数
  • 保育園入園まなく 保育園入園まなく…クラスのグループライ
  • Leave a comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です